WordPressテーマ「SWELL」の圧倒的な使いやすさを直球レビュー

WordPressテーマ「SWELL」

WordPressテーマ「SWELL」を知ってから、数ヵ月ウォッチしていました。

SWELLサイトのデザインや機能にグっと惹かれましたし、Twitterやネットの口コミもスゴイ!

SWELLを使わなかったら、ずっとSWELLのことを考えてしまいそうな感じになっちゃって…。

恋ですねぇ~。だから告白、いや購入しました。

ツイートや口コミに書かれていたのは

ブロックエディターの使い心地最高、美しいデザイン、高速、機能満載、アップデート頻繁

SWELLを購入して早5ヵ月。

毎日SWELLに触れて、毎日感心しています。やっぱり好きだわぁ。

目次

テーマの変更には勇気がいるけど…

SWELL購入まですごく長い時間迷いましたけど、今は心底良かった~と思っています。

迷い
気に入っていないテーマをこれからも使うのか

CSS書いたり、高速化を試みたり…疲れた

迷い
ブログはデザインじゃない!記事の内容だよ

気に入ったデザインなら倍速で書ける(と思う)

迷い
記事を書きたいけど気分が乗らない

他テーマの口コミばかり検索して…

迷い
SWELLを見つけたけど、テーマ変更は超面倒くさい

旧テーマの残骸処理は大変だもの

迷い
悶々としていると先に進まない

記事を書かない事をテーマのせいにしちゃって…

ついにSWELL購入!

でも購入後すぐ、SWELLならテーマ変更後の作業時間も無駄じゃない、というか作業時間をかけてもそれを上回るリターンがある!と心底思いました。

高速表示だし、使い心地最高だし、文句なしのデザイン(というか、自由自在にデザインできる)!

SWELLの頻繁なアップデートがすごい!

使えば使うほどSWELLにハマっていく~! お気に入りの機能をちょこっと記事にしました。

何につけてオマケは嬉しいものですが、SWELLのアップデート(オマケ)には驚きっぱなしです。

WordPress本体のアップデートに沿うとか、装飾を増やすとか…そんなアップデートはどのテーマでもあると思います。

が、SWELLの場合、ブロックエディター機能の先端を走るようにどんどん機能の追加や使いやすい設定にアップデート(それも頻繁に)されます。

(開発者さんは寝てないと思います)

SWELLのブロックエディターは実に使いやすく、というか完全クラシックエディター派だった私がSWELLで即ブロックエディター派に変身してしまったくらいです。

クラシックエディターがなくなる2021年末までにブロックエディターを攻略しなくちゃいけないと結構重く(かなり大げさに)考えていたんですが、何のことはないSWELLであっという間にブロックエディター使いになっていました。

「ブロックエディターは全然難しくないよ~」と軽く言ったりできるのは、開発者さんの情熱で進化し続けるSWELLのお蔭とメッチャ感謝しています。

SWELLの1回の購入(17,600円)で、こんなにオマケをもらっていいのかしら?と昭和の老婆は思うのでした。

テーマ変更した3サイト SWELLの別サンプルみたい

1サイトだけ変更する予定だったのに、あまりの使い心地の良さに下記3サイトをSWELLにしました。※この後あと2サイトほどSWELLに変更。

https://birthday-clip.com/(バースデークリップ)

バースデークリップ
バースデークリップ

SWELL購入の目的は、Diverから抜け出したかった上記のサイトです。

トップページはSWELLブロックの下記を組み合わせて作りました。

現在はタブの上にピックアップバナーを配置しています。

  • タブ
  • 投稿リスト
  • ブログパーツ
  • ピックアップバナー

近々、大々的にレイアウトを変更する予定!
SWELLのアップデートで機能がどんどん追加されているので使ってみます。

このトップページの作り方は、別の記事で紹介します。

あまりの使い勝手の良さに、予定外の2ブログもSWELLに変更してしまいました。

https://cook-le.com/(クックる)

クックる

こちらのサイトはまだ特別なコトはしていません。

ほぼSWELLそのまま。スマホ画面を覆いつくすような大きな画像は好まないので、中身だけのデザインです。

トップページ以下、SWELLのカスタマイザーの設定だけでできています。

https://oinavi.net/(おいナビ)

おいナビ トップ画面

この記事のサイトです。

記事数が少ないので、やれることがない! 記事をたくさん書いて、早くお気に入りのトップページにしたいです。

記事数が増えたのでトップページを固定ページで作りました。

トップページをデザインしながら、やっぱりSWELLは使える!と再確認。やりたいコトが思うようにできました。

SWELL、最高! ブロックエディター、最高!

今まで使ってきたテーマだと結局思うようにいかず、固定ページにHTMLとCSSを書きまくって解決してきましたが、今回はSWELLの機能のみ。

短時間で作れましたし、気が変わったらまた別のデザインにします。それもまた楽しみ~。ほぼテーマで遊んでる。

ちなみに、この「おいナビ」は「老いナビゲーション」ブログです。1952年生まれの化石のような私が冥途の土産に書いています(爆)。

【無料お試し版】が嬉しかった!/

使い心地の良さに驚いた

手が動く~。

フロントだけでなく、管理画面も軽くてタイピングも装飾もストレスなしです。

カスタマイザーの構造も含めとてもわかりやすかったので、テーマ変更がとてもスムーズに進みました。

テーマの変更後はいつも、テーマ固有の設定画面やカスタマイザーの項目を把握するのに時間を要します。

設定項目を行ったり来たり、なかなか全体像をつかめなくて…。

ですが、SWELLはすぐに項目の構成が理解でき、立ち上がりが早かったです。

言葉では何も伝わらないので、SWELL良いかも?と思ったら試すに限ります。

  • 製品版 ver. 2.1.0までの機能で制限ナシ
    【無料お試し版】お申し込みページの申請フォームにメールアドレスを入力するだけです。
    自動返信メールで無料お試し版のダウンロードリンクが送られてきます。
  • 予習ができる。管理画面を見ながら、マニュアルで確認。
  • 製品版の購入前にSWELLの概要が頭に入っているので立ち上がりが早い。

あくまでもお試し版なので製品版とはだいぶ違います。

  • 最新バージョンへのアップデート不可
  • 自動でSWELLの広告が表示される
  • フォーラムやコミュニティへの参加不可

でも、お試し版で見たいのはそこじゃない!

チェックするのは管理画面内の例えば…

  • カスタマイズ(管理メニューの外観内)
  • SWELL設定の項目
  • ブロックエディターの使用感
  • 表示速度

有料テーマのほとんどはお試し版がないので、買って初めて全貌がわかるというもどかしさ(時にメチャ後悔)。

SWELLはお試し版があるので、ネットで評判を読み漁るより実際に使って自分(自分の運営サイト)に合うかどうか見極めるのが早いと思います。

\私はお試し版を使い倒して購入/

表示速度が圧倒的

SWELLにしてからサイトの表示速度が圧倒的に改善しました。

PageSpeed Insightsで計測し、Diverの時はどう頑張ってもmobile 25、PC 70~80(ともに平均値)といった感じでした。

PageSpeed Insights

画像はOptimizillaで容量をおさえたり、キャッシュ系のプラグインを入れたり結構努力はしていたのですが…。

Optimizilla

SWELLテーマに変更後

mobile 55
PC 94

mobile表示速度
PC表示速度

計測したサイトには、Googleアドセンスやアフィリエイトのリンクを入れているのでこれ以上は望めないと思っています。

これらのリンクを入れる前は、モバイル80台、パソコン97、98くらいでした。

数値上だけでなく、体感的にはもっと早く感じます(私のひいき目かもしれませんが…)

ブロックエディター初心者だけどすぐ使えた

ブロックエディターがアッという間に使えるようになり、自分でも驚いています。

クラッシックエディターの時はテキスト編集画面派だったので、ブロックエディターが何となくイヤでした。

でもクラッシックエディターのサポートは2021年末で終了らしいし、その時はまだ生きていそうだし…やっぱりブロックエディターを攻略しなくちゃ!と思っている時のSWELLです。

実際、SWELLのブロックエディターはメチャクチャ使いやすく、Twitterの口コミ通りでした。

また、SWELLオリジナルのブロックは記事を書くのが楽しくなる要素満点。

「関連記事」「投稿リスト」「キャプション付きブロック」は使い倒しています。

SWELLオリジナルブロック
SWELLブロック

とは言っても、そこはブロックエディター初心者。

重要な見落としがあり、20記事ほどダメな使い方をしていました。

リストはグループで変幻自在

最初に「あれッ」と思ったのは、リスト(ul、ol)の背景色。

段落であれば背景色や枠をつけられますが、リストを選ぶと頭のスタイルが選べるだけ。

最初はリストタグに背景色を設定しました(子テーマのstyle.cssにスタイル追加)。

が、時には背景色ナシや別の背景色が欲しい時もあったりします。

なので、リストタグに対してではなく、固有のクラスを作り背景色を設定しました。

そして、リストに背景色が欲しい時はブロックメニュー最下段の「高度な設定」内「追加 CSS クラス」にクラスを設定、というやり方をしていたんです。

が、どう考えても、リストを使う度にこの作業はおかしい!面倒くさすぎる。

私がおかしいと思う程度の事は、誰かが必ず解決しているハズ!と探したら、ありました、やっぱり。

「グループ」に変換すると背景色や枠などいろいろな装飾を追加できます。

このグループに変換してスタイルを追加する機能はブロックエディターの元々の機能のようです。

が、SWELLには追加できるスタイルがたくさんあります。

スタイル追加

この文章にはこの背景色とこの枠…と、内容にピッタリのデザインが選べるのが良いです。

お気に入りの機能

記事を書くのを助けてくれる機能がたくさん

使用頻度の高い機能がとてもよく考えられていると思います。テーマ開発者さんのセンスが好き!

  • 目次デザイン
    SWELLには上品な目次のデザインが3種類
  • 関連記事
    外部リンク・内部リンクどちらにも使える優れもの
  • 投稿リスト
    カテゴリー・タグ・IDあらゆるくくりで記事をまとめて見せられる
    表示は画像でもテキストでも、数や表示スタイルもほぼ自由自在
  • キャプション付きブロック
    キャプション部分のデザインも多数あり
  • タブ
    タブ切り替えはユーザーに親切なのでトップページに利用
  • ブログパーツ
    ブログパーツを使いまわせば、超省エネ
  • ふきだし
    事前に作っておけば、1クリックで完了

プラグインが無くても高速!

上にも書きましたが、高速化は何より嬉しい!

今まで入れていたキャッシュ系のプラグインを削除してホッとしています。

キャッシュ系のプラグインは設定が難しい割には効果は微々たるものでした。

SWELLに最適に組み込まれている高速化のあれこれ(何か知らんけど)で満足のいく速さです。

同時期に買った、超高速と言われているTHE SONICより速かった~。

エディター設定で好みのカラーを設定

エディター設定画面で、事前にサイトにあるカラーや枠線を設定できます。

今まで子テーマのスタイルシートで制御していた部分を管理画面で簡単にできるのが嬉しいです。

微妙に色を変えたい時ってありますよね。やっぱり簡単にできるって素晴らしい

紹介しきれないくらい魅力的な機能が満載されている(それなのに使いやすい・わかりやすい)SWELLですが、頻繁なアップデートでますます進化し続けています。

SWELLを買った時は無料でこんな恩恵にあずかれるとは思ってもいませんでした。メッチャお得!

SWELLのおしゃれなデザイン

1ピクセルもおろそかにしていない感のあるSWELLテーマ。

SWELLテーマのトップページにあるような大きな動画に興味はないけれど、センスがいいなぁ~と感心します。

そのセンスの良さで作られた部品(SWELLブロック)を使えば、きれいなサイトが自由自在に作れます。

カッコいいサイトを作りたい!

記事ページはスマホユーザーが読みやすいようなレイアウトにし、ゴテゴテと手を加え過ぎず、かつ、文字の読み疲れにならないように適度な装飾と画像配置を心がけるつもりです。

けれど、トップページはサイトの顔なので、それなりに工夫し他のサイトと差別化したい!

紹介した3サイトともまだ全然落ち着きませんから、しばしばデザイン変更ありと思います。

楽しみだなぁ~!

SWELLには初心者にやさしい仕組みがある

私はWordPressを使い始めて13年以上。

テーマ変更は面倒なだけで特に問題はないですが、WordPress初心者だった時にSWELLの「着せ替えファイル」という発想があったら、どんなにラクだったかと思います。

SWELLが自由自在にデザインできると言っても初心者には難しいですよね、WordPressの仕組みとテーマの機能を同時に覚えていくのは…。

そんな時のためなのか?SWELLテーマにはデモサイトと同じデザインにできる着せ替え用のファイルが提供されています。

まだWordPressをよく知らないという初心者はとりあえず、

  1. 着せ替えファイルを利用しサイトの体裁を整え
  2. 理解を深め
  3. 独自のデザインに

すればいいんじゃないかと思います。

WordPressを使い込んでからテーマ変更するのではなく、お気に入りのテーマを使いこんで進化させた方がずっと合理的です。

着せ替えファイルの使い方

STEP
着せ替えファイルをダウンロード

SWELLデモサイトのデザイン着せ替えファイル

好きなデモサイトのファイルをダウンロードし、ファイルを解凍しておく

STEP
WordPressにプラグイン「Customizer Export/Import」をインストール

プラグイン → 新規追加 → 右上「プラグインの検索」窓に
Customizer Export/Import」をコピペ

Customizer Export/Importが表示されたら、インストール → 有効化

有効化するとWordPress管理画面の左メニュー「テーマ」 → 「カスタマイズ」の最下段に「エクスポート / インポート」メニューが追加される

STEP
ダウンロードした着せ替え用ファイルをインポート

「エクスポート / インポート」をクリックし、「インポート」の「ファイルを選択」(1で解凍した.datファイルを選び) → 「インポート」

着せ替えファイルのインポート
着せ替えファイル インポートの手順

行き届いた制作者の姿勢

SWELLブロックエディターの使い方【動画】

SWELLの公式サイトで提供されているブロックエディターの使い方です。

主だった機能を視覚的に理解できます。

ブロックエディター初心者にはすごく有益な5分半の動画です。

乗り換えサポート用プラグイン

他のテーマから乗り換える時には、前テーマ固有のクラス設定などの編集に多くの時間が要することがあります。

SWELLにはそんなときのために、JIN用、SANGO用、STORK用、Cocoon用、THO THOR用のプラグインが用意されています。超親切~!

私はDiverからの変更なので、実際にどんな使用感かはわかりませんが、記事毎のチェックに比べたら相当便利なはずです。

ディスクリプションの引っ越しもこれからは安心!

SWELLにはテーマにSEO対策用のタイトルやディスクリプションの設定機能はありません。

あえて組み込まれていないのだと思います。

今回のテーマ変更で1番時間がかかったのは、記事のディスクリプションの引っ越しでした。

WP CSV Exporterプラグインで書き出したディスクリプションを1記事ずつ書き加えました。

ついでながら、WP CSV Exporterで書きだす時の文字コードは「Shift_JIS」にしないと、エクセルで開いたときに文字化けしますよ。

そこそこ獲得している検索順位から転落しないよう、大急ぎの作業。もう2度とやりたくないです。

その代わり「SEO SIMPLE PACK」というプラグインが案内されています。

テーマ変更の時に大変な思いをしないためにはテーマとSEO対策部分が別の方がいいです。

とても現実的で行き届いた発想に感心しました。

この「SEO SIMPLE PACK」プラグインはSWELL開発者・了さんの制作で、WordPressの公式プラグインでもあります。

SWELLテーマSEO SIMPLE PACKプラグインをセットで使うという事です。

購入後のサポート

  • マニュアル
    丁寧でわかりやすいマニュアルあり
  • フォーラム
  • オンラインコミュニティ

(正に)老婆心ならが、気の毒になるくらい親切な対応をされています。

SWELL開発の情熱と購入者にも親切な対応、頻繁なアップデートなどお一人で頑張っていらっしゃるようです。

追加・削除したプラグイン

追加したプラグイン

SWELLサイトで紹介されているプラグインを3つ追加しました。

SEO SIMPLE PACK

SEO対策としてタイトルやディスクリプションの設定するプラグインです。

今まで使っていたテーマDiverはテーマにこの機能が付随していました。

プラグインが不要というのは有難いですが、引っ越しの時は大変。テーマから抜き出した設定済みのタイトルとディスクリプションを全ページに張り替えるむなしい作業が延々と…。

SEO対策部分テーマから独立していた方が断然いいです。

Highlighting Code Block

この種のプラグインの中でもっともシャレたデザインと思います。

すごく我慢していろいろ使ってきましたが、Highlighting Code Blockはもう満点(笑)。開発者了さんが自画自賛される気持ちがわかります。

▼ こちらのページでちょっぴり使っています。

「SEO SIMPLE PACK」と「Highlighting Code Block」はSWELL開発者の了さん作です。

とても軽くて使いやすいプラグインたち。SWELLのセンスと繋がっているわ。

Contact Form by WPForms

長い間「Contact Form 7」を使ってきましたが、SWELLサイトで紹介されているので「Contact Form by WPForms」を試しに使ったらビックリするくらい簡単。そして何より編集画面も表示画面もキレイ!

自前の運営サイトを全部こちらに変更しました。

Contact Form 7からのインポート機能もあるという行き届いたプラグインです。2クリックでWPFormsに取り込めます。

▼ すごく気に入ったので使い方を書いてみました。

Wordfence Security

WordPressはかなり狙われているそうなので、Wordfence Securityを入れました。

頑丈そうなプラグインなので私のWordPressをしっかり守ってくれるはず。

ただ、セキュリティのこと(+英語)がよくわからないので設定には苦労しました。

特に2段階認証の設定ではマゴマゴして…。なので近くこの記事も書きたいと思います。

削除したプラグイン

SWELLテーマにして、下記のプラグインが不要になりました。

  • AddQuicktag
  • Table of Contents Plus
  • WP Fastest Cache
  • Autoptimize

SWELL、THE SONIC、Diverの3テーマの比較記事はこちら

目次
閉じる