レンタルサーバー【ConoHa WING】
すごいキャンペーン中チェック ➤

【SWELLの評判と口コミ】メリット・デメリットのまとめレビュー

SWELLの評判・口コミ

SWELLを購入し、使い始めたのが2020年の4月。

日課のようにSWELLと遊んでいるので、かなり使い込んでいます。

毎日触れてもSWELLの印象は変わらず(というかアップデートの度に新機能に夢中になり)選んで本当に正解だったと思います。

今や多くの有名ブロガーがSWELLを使っていたり、ASPのコンテストの入賞サイトがSWELL率が高めだったりで、大注目のWordPressテーマに成長したようです。

頻繁なアップデート(機能追加など)で購入者の気持ちをずっと引っ張ってくれる開発者さんには、頭が下がるばかりです。

\過去最高のテーマを思う!/

機能満載!でも使いやすい!わかりやすい!

この記事の内容
  • SWELLのメリット・デメリット
  • SWELLの特徴
  • 他テーマとの比較
  • こんな方にはピッタリ
  • SWELLのまとめ

Twitterや多くのブログで褒めちぎられているテーマSWELL。

どうしてこんなにもSWELLは支持されるのか?

SWELLのメリットとデメリット(とは言い切れないいくつかの項目)、口コミを紹介します。

記事の内容(もくじ)

SWELLを使うメリット・デメリット

SWELLについて、良い部分と悪い部分両方を紹介しなくてはいけないのですが、デメリットと思える部分が無くて困りました。

見た目のデザインも機能も考え抜かれたSWELLは極端に弱点の少ないテーマだと思います。

SWELL開発者さんの熱意とユーザーの要望が相まって、ますます優秀なテーマに育っている印象です。

デメリットですか?

WordPressに慣れていると、使用テーマがだいたいわかります。

SWELL、メッチャ多い! ASPのコンテスト入賞サイトにSWELL率が高いのもうなずけます。

でも、これはデメリットじゃないですよね。

SWELLのデメリットといわれる部分を想像すると…

価格が高め?

現在の機能(満載)や頻繁なアップデート(機能追加)を思うと、むしろ「安い」

使い方がわからない(初心者の声)

WordPressを使いこなすまで、誰でもどんなテーマでもわからないことは多いです

クラシックエディターが使いにくい

SWELLのブロックエディターの素晴らしさをスルーしたら勿体ない! ブロックエディターを使いましょう。凄さにビックリするよ~

SWELLの動作環境がネック

WordPress本体やPHPのバージョンが低いとSWELLは使えません。一般的なレンタルサーバーで最新バージョンのWordPressを使いましょう。それがセキュリティ面でも大事です

つまり、デメリットと言い切るほどのマイナス面はないのでした。

WEB制作者がSWELLをベースに商用サイトを作っているくらいですから…。

SWELLのメリット

メリットというかSWELLの口コミはすこぶる良いです。

SWELLを使っている人、使い始めた人たちがTwitterに「良かった」の声をたくさん載せています。

  1. SWELLの使いやすさ
    • 使い勝手の良い各種ブロック
    • 整理されたカスタマイズ項目
    • 編集画面も動作が軽快
  2. 初心者に優しい取り組み
    • デモサイトのファイル提供
    • テーマ引越し用プラグイン
  3. 中・上級者にも
    • 要所に組み込まれたフック
    • いち早い構造化データ対応
  4. 頻繁なアップデート
    • 機能がドンドン追加される
    • 不具合の修正は即行
    • ユーザーの希望が叶う時も

記事が書きやすいというのが最大の利点ですが、その対象が初心者にも中・上級者にも…というところが素晴らしいです。

  1. WordPressに不慣れな初心者でもきれいなサイトが作れる
  2. 腕が上がれば、SWELLブロックで好みのデザインにできる
  3. HTMLやCSSがわかればSWELLをベースに超絶カスタマイズ
  4. PHPがわかれば商用サイトも思いのまま

メリット・デメリットのまとめ

WordPressテーマ「SWELL」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 記事の書きやすさ
  • 多種多様のSWELLブロック
  • 高速表示
  • 先進的な機能(構造化データなど)
  • 活発なSWELL専用フォーラム
  • テーマ乗り換えプラグインあり
  • ノーコードでカスタマイズできる
デメリット
  • 価格は一般より高め(機能を考えると安い)

\高速・高機能な一押しテーマ/

SWELLの概要・特徴

SWELLの概要(価格・動作環境)

販売価格¥17,600(税込)買い切り!
販売元株式会社LOOS
「Love our own style」ステキです
必須動作環境PHP 7.3 以上
WordPress 5.5 以上 (推奨:5.6 ~)

必須を満たしていないとエラーが発生
推奨バージョン未満ではブロック機能が一部使えない
SWELLはインストール型WordPress.org向け商品
対応ブラウザEdge / Chrome / Firefox / Safari (各最新版)
決済方法クレジットカード ( VISA / Master / AMEX / JCB )
※ 銀行振り込み未対応
ライセンスSWELLはGPL100%テーマ
ライセンス制限はなく、複数サイトでご自由にご利用可能
SWELLの概要

SWELL公式サイトで確認

SWELLを使うにはレンタルサーバーにPHP7.3以上の環境があることです。

レンタルサーバーを決める前に、環境を満たしているか確認しましょう。

SWELLの特徴

カスタマイズなしでもデザイン良し

デフォルトでも充分美しい。雑記ブログならもうそのままでも…と思います。

ノーコードでカスタマイズも簡単

SWELLブロックの組み合わせで、ユニークなデザインが実現可能。

他テーマからの乗り換えサポート用プラグインあり

  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR

乗り換えプラグを使えば、テーマ変更時の作業量が圧倒的に軽減されます。

デモサイトのデザイン着せ替えデータあり

SWELLのデモデザイン
SWELLの各デモデザイン

\デザイン着せ替えデータあり/

SWELLの機能

紹介しきれないほどの機能がテーマSWELLにはあります。

実際にWEBページを装飾する機能はもちろん、高速化などサイト運営に必要な機能が満載です。

ブロックエディター完全対応

クラシックエディターから一気にブロックエディターに変更しても、違和感がなかったです。

ブロックの役目を知らなくても、何となく想像できる機能なのでほぼ1日でブロックエディターの良さを理解しました。

SWELL固有のブロックが秀逸で、クラシックエディター時には実現できなかった(ごりごりコードを書くのが面倒あるいは出来なくて)表現が、ブロック挿入でOKなんて…

もっと早くブロックエディターにすべきでした!

SWELLブロック

SWELLはブロックエディター完全対応です。

15年近くクラシックエディターに親しんできた私はブロックエディターに苦手意識がありました。

ですが、今まで面倒くさかった

  • 画像のサイズ調整が1クリック
  • やりたい文字装飾も1クリック

もうクラシックエディターには戻れないです。

多種多様なブロックが用意されているので、コードを触ることなく(全然わからなくても)好みのサイトが実現できます。

自分だけのユニークなトップページのサイトって、メッチャ嬉しくないですか?

  • アコーディオン
  • ABテスト
  • バナーリンク
  • ボックスメニュー
  • SWELLボタン
  • キャプションボックス
  • リッチカラム
  • 説明リスト
  • FAQ
  • フルワイド
  • ステップ
  • タブ
  • 広告タグ
  • ふきだし
  • ブログパーツ
  • 投稿リスト
  • 関連記事(内部・外部リンク)ブログカード各種設定可能
  • 制限エリア
  • 商品レビュー
  • RSS
SWELLの各ブロック

WELLブロックのエディターでの呼び出し方

WELLブロックのエディターでの呼び出し方

特に便利なSWELLブロック

広告タグ

クリック数 / 表示回数・表示回数 / PV数まで計測してくれる

ブログパーツ

パーツにすれば再利用はもちろん、ウィジェットをフル活用できる

投稿リスト

ありとあらゆるくくりで記事の塊が作れる

関連記事

内部リンク・外部リンクが一瞬でブログカードに

ブロックパターン

パターンとは、何度も使うような装飾のひな型を登録し、ページに読みだせる機能です。

SWELLには自分だけのパターンを登録できる機能や、SWELLがあらかじめ提供してくれているパターンなどがあります。

SWELLのパターン機能
SWELLのパターン機能
  • [SWELL] 汎用パターン
    装飾のひな型
  • [SWELL] テーブル
    商品比較表・メリット/デメリット表など
  • [SWELL] ページ用
    ページ装飾のひな型
  • [SWELL] カスタムパターン
    自分で作るパターン

サイトをコントロールする機能

記事編集の機能だけでなく、サイト全体を管理する機能も秀逸です。

テーマの基本的な設定項目は「SWELL設定」「エディター設定」、サイトデザインは「カスタマイザー」で行います。

ほぼこの3つで、サイトのベースや見えない部分の設定はコントロールできます。

SWELL設定

私の記事の更新が、SWELLのアップデートについていけない状態です。(頑張らなくちゃ)

SWELL設定
SWELL設定
  • キャッシュ機能
  • ファイルの読み込み
  • 遅延読み込み機能
  • ページ遷移高速化

上記4項目がそれぞれ細かく設定できるようになっています。

エディター設定

SWELLのエディター設定
エディター設定

エディター内で使うカラーパレットの色などを自サイト用に設定できます。

  • パレットの色
  • ボーダーの太さと色
  • マーカーの色
  • ボタンの形状と色
  • アイコンボックスのスタイルと色
  • ふきだしの色
  • 書式のフォントサイズ・色・スタイルなどを登録
  • ブログカードと引用のスタイル

あらかじめ設定できるので、編集がラクなうえ、公開ページも自分スタイル&統一感を保てます。

カスタマイザー(外観 → カスタマイズ)

サイトのレイアウトなどを設定します。

ヘッダーやサイドバーのレイアウト、見出しのデザイン、パンくずナビやページャーの有無&デザインなどが簡単に決められます。

用意されている選択肢から選び、プレビューしつつ決められます。

もちろん、CSSを自分で書けばオリジナルの表現も可能です。

\デザイン着せ替えデータあり/

サイトの表示速度

きちんと調べた表示速度。SWELLの表示の速さは体感できるほどです。

私はAFFINGERに触れたことがなく、CocoonとDiver。

直近のDiverをSWELLに変えた時はその速さに驚きました。

下の画像は私の運営サイト(SWELL)にアドセンスやアフィリエイトコードを入れた後の結果です。

SWELL表示速度
表示速度

SWELL以前はどのテーマを使っても、アドセンスやアフィリエイトコードを入れてしまうとモバイルは30台がやっとでした。

キャッシュ系のプラグインを入れたり、画像を入れ替えたり…すごく苦労しました。

SWELLにはテーマに高速化の機能(キャッシュ機能などいろいろ)が組み込まれているので、のんきなものです。

何をキャッシュするか、しないかも選べます。使わない機能を停止することもできます。

\高速化表示が嬉しい!/

SWELLと他テーマとの比較

171人のアンケート結果なので網羅しているとは言い難いですが、傾向はわかります。

無料のCocoonに迫り、有料テーマでは断トツです。

この結果以上に、Twitterには「SWELLにして良かった」「SWELLは素晴らしい」の声がたくさん見られます。Twitterで検索してみてください!

2022年6月25日 WordPressテーマ

4テーマ比較

特徴についてはまるっきりの私見です。参考程度に見てください。

スクロールできます
テーマ特徴価格

SWELL
精度の高いデザイン
表示が速い
便利なブロック多数
フォーラム・コミュニティあり
アップデート(機能追加)頻繁
17,600円
JIN
JIN
初心者にやさしいテーマ
制作者は有名ブロガー
デザインが甘め
表示遅め
14,800円
Diver
Diver
高機能
デザインが少しごちゃごちゃ
表示が遅い
フォーラムなし(情報少ない)
17,980円
Cocoon
Cocoon
ユーザー多数なので情報が多い
1クリックでデザイン変更
有料に劣らない高機能
デザインの精度はイマイチ
(HTML・CSSが書けるなら問題なし)
無料
テーマの比較

\高速・高機能な一押しテーマ/

こんな方におススメ

有料テーマ購入を迷っている方

WordPressのテーマ選びって迷いますよね、リニューアルでも初めてのWordPressでも…。

新しいテーマを探している時

  1. 失敗しない有料テーマ選びをしたい
  2. 今のテーマがシックリこない
  3. ブロックエディターを使い始めたい
  4. HTML/CSS不要で独自のデザインにしたい
  5. WordPress初心者

具体的に言えば、心の中は下記のようかな?と想像します。

  1. 購入後使いにくさに泣きたくない。お金が惜しい、時間はもっと惜しい
    ★そんなのイヤだ
  2. シックリこないままずっと使い続けるのは大きなストレス
    ★不満の塊がだんだん大きくなる
  3. クラシックエディターから卒業しなくちゃ
    ★ブロックエディターの時代だよ
  4. ノーコードでカスタマイズできるテーマは良い
    ★自分好みのサイトにしたい
  5. 手助けになるサービスがほしい
    ★丁寧なマニュアルや活発なフォーラム

1と2はそれぞれの感じ方なので参考になることは書けないですが、③以降はSWELLを選択する時の大きな理由になると思います。

特にWordPress初心者の段階だと、SWELLのフォーラムやコミュニティは大きな手助けになると思います。

ただし…

SWELLのフォーラムは、SWELLに関することに限定されています。

WordPress本体やプラグインの使い方を教えてもらえるサービスではないです。

フォーラムの充実

SWELLのフォーラムは3項目あります。

  • SWELLに関する質問
  • 不具合報告
  • ご要望

(WordPress本体やサーバーの問題などではなく)SWELLに関する内容ならものすごく丁寧に答えてもらえます。

答えてくれるのは開発者さんのこともありますが、SWELLユーザーでWordPress上級者と思われる方々。

その時、ちょっとしたヒントなども書き添えてくれたり…親切でレベルの高い回答のことが多いです。

質問内容が自分のサイトに当てはまらなくても、目を通す価値があるファーラムと思います。

SWELL購入後のオマケ

頻繁なアップデート

アップデートには3パターンある気がします。

  1. 新機能追加
    これがホント有料級
  2. 不具合修正
  3. フォーラムに寄せられる要望の実現
    これはなかなか大変な事だと思いますが、ユーザーの希望が反映されていることがあります

開発者さんがフォーラムに「次回アップデートで少し対策をしてみます」「これは次回アップデートまでにがんばってみます!」「次回アップデートに機能追加しておきます」などと返事されているのを見るたび、グッと来てしまいます。

要望がテーマを育てるという側面はありますけどね。

\頻繁なアップデートに驚くよ/

アフィリエイトでSWELLと自分を応援

SWELLにはアフィリエイトの仕組みがあります

自分のサイトを経由して誰かがSWELLを購入すると2,500円の報酬が発生。

WordPressやSWELL関連の記事を書くことが多い人にはチャンスです。

また、SWELLでメッチャかっこいいサイトを作れば、誰かが「こんなサイト作りたい!」という流れでSWELLを購入するかもしれません。

好きなこと、誰かに役立つことを書いて、運が良ければお小遣いをゲットできる仕組み。素晴らしい!

SWELLアフィリエイトができるのは

頑張ってアフィリエイトの成果を出しましょう。

お小遣いも嬉しいし、SWELL最大の応援になりますよ。

\ win win の仕組み /

SWELLの使用例(トップページ)

SWELLを使った自サイトのトップページを紹介します。

コードを触らず、ほぼSWELLブロックだけでカスタマイズしています。

カスタマイズ 3例

カスタマイズ例1
カスタマイズ例1

クックる

カスタマイズ例2
カスタマイズ例2

バースデークリップ

カスタマイズ例3
カスタマイズ例3

おいナビ(当サイト)

ノーコードでカスタマイズ

やり方はこちらで詳しく紹介しています。

行き届いた機能のお蔭でカスタマイズに苦労することがないです。

いろいろなことができちゃうので、むしろデザインには悩むかも(← 贅沢な悩み!)

以前までのテーマ(有料でも)では、できない部分はCSSでコテコテにカスタマイズしていました。

SWELLは元々のデザインが良いうえ、それこそ痒い所に手が届くような設定項目が揃っているので、私は初めてCSSを追加せずにこれらのトップページを作りました

自分のセンスよりSWELL(開発者さん)の方が信じられる!www

\盛りだくさんで自由にデザイン/

SWELLのこれから

SWELLの進化というか、開発者了さんのテーマへの情熱は驚くばかりです。

ご自分でプログラミングをガンガン書かれている様子はTwitter(@ddryo_loos)からも伝わってきます。

それだけではなく、業務提携や顧問契約など次の進化に向けて常に動いていて様子にも感心します。

  • 高速化の専門家スキルシェアさんと顧問契約
    速いと言われるSWELLが更に高速化
  • Cocoonと業務提携
     ▼
    提携終了です!

Cocoonはあらたにエックスサーバーと業務提携し、SWELLとの提携は終了したそうです。

スキルシェアさんと顧問契約

知っている方は多いと思うのですが、スキルシェアさんはWordPress高速化の専門家で、いくつものサイトを爆速化してきた高速化のプロフェッショナルです。

SWELL

SWELL公式サイト

SWELLとCocoon

SWELLとCocoonはもちろん全く別のテーマです。

SWELLは今最も注目されている有料テーマ、Cocoonは日本のWordPressユーザーなら誰もが知る(有料テーマを超えるほどの高機能を有す)無料テーマ。

開発にかける情熱に尊敬の気持ちでいっぱいです。そんなおふたりが(互いのテーマには干渉なしで)手を組まれる!

ものすごいニュースというか、今年一番嬉しい知らせだったかも(コロナで喜び少な目の日々なので…)。

\進化を続けるテーマ/

SWELLは今後ますます

このわくわくツイートを見て~

\すご~く使いやすい一押しテーマ/

機能満載!だけど超わかりやすい!

よかったらシェアしてね!
記事の内容(もくじ)