【SWELLボタン】クリック計測や広告タグの直入力など裏ワザいっぱい

SWELLボタン

ボタンはクリックを促したり、記事のアクセントになったり、なかなか使い勝手が良いです。

頻出すると鬱陶しいけれど、クリックしたい時にテキストリンクだけじゃ弱気過ぎる気がします。

SWELLの「SWELLボタン」は記事のイメージに合わせて色や形を選べる優れものです。

しかも…

記事の内容(もくじ)

SWELLボタンのビックリ機能

ボタンブロック【SWELL公式】

▼ そう、このボタンです

このボタン、クリックする人いるかなぁ?(クリックされたら報告するよッ)

計測項目
  • ボタン設置後のPV数
  • ボタンの表示回数
  • ボタンのクリック数
  • このボタンまで読まれた割合
  • 表示回数に対するクリック率

すごくないですか?この機能。

計測機能がなければ、設置したボタンの有効性なんて全然わからないですよ。

よくアフィリエイトの指南として「クリックされそうなところにボタンを置く」なんて書いてありますけど、それどこなの?

ユーザー心理など想像もつかないので、私はボタン位置を気分で決めていました。

突然のボタン出現!

有効どころかユーザーの邪魔をしているんじゃないか?という設置場所。そんな私に…

【SWELLボタン】がボタンの置き場を数字で教えてくれます

SWELLボタンとWordPressのボタン

ボタン機能はWordPressに元々ありますが、クリック率などを計測してくれる「SWELLボタン」には遠く及びません。

SWELLボタン

SWELLボタンの装飾はいったい何通りできるのかしら?というたくさん。

  • スタイル
    立体、キラッと、アウトラインなど
  • カラー
    「エディター設定」で自由自在
  • サイズ
    小、標準、大の3種類
    (下記3種類は標準サイズ)
  • アイコン設定
    アイコン、可愛い~

WordPressのボタン

ただのボタン。愛想無いですねぇ~。

SWELLボタンを知る前は、ワンクリックでボタンが作れるなんて便利~ぃと思っていましたが、今は不要なので、ブロックマネージャーで非表示しています。(かわいそうなWordPressボタン)

SWELLボタン「計測設定」

ボタンブロック【SWELL公式】

SWELLボタンにはクリック率以外にも小ワザがたくさん仕込まれています。

ボタンの計測(クリック率など)

SWELLボタンを設置しただけでは計測されません。

設置したSWELLボタン毎に、ブロック設定画面(編集画面の右側メニュー)下部の「クリック率を計測する」をONにします。

ボタンの計測

ボタンIDは自動的に設定されます。

ボタンをコピペしたらIDを変更

SWELLボタンをコピペすると同じIDのボタンが2つ。これではボタン毎の計測できないので、下記のようにIDを変更するようにというアラートが現れます。

私は面倒なので、既存IDのうしろに「x」を追加することにしています。識別のためなので、何だってOK!

簡単なボタンの増やし方

上記に書きましたが、計測設定をONにしてコピペするととアラートがでます。

赤背景・白抜き文字なので見過ごしはしませんが、その都度IDに手を加えるのはちょっと面倒です。

かと言って、形も色も内容も同じボタンを必要な食べに作るのは論外。

で、最も簡単なボタンの増やし方を考えました。

全く同一のボタンの場合です!

  1. 新規ブログパーツでボタンを作る
  2. リンク設定やアイコン設定をする
    「計測設定」以外をすべて設定
  3. 用途「ブロックパターン」で公開
  4. 必要な場所にブロックパターンから挿入
  5. 挿入後「計測設定」をONにする

ブロックパターンの使い方

ボタン毎にクリック率以外も計測

クリック率のほかにもボタンが有効かどうか検証してくれます。

  • このボタンは無いも同然だなぁと思ったり
  • 特定のボタンのクリック率がすごいワケを考えたり
  • この辺までしか読まれていないのだなとわかったり
  • ……

計測値から想像できることはとても多いです。

ボタンで計測できること
  • ボタン設置後のPV数
  • ボタンの表示回数
    クリック以前にこのボタンまで表示されたか
  • ボタンのクリック数
    数値が大きければ設置場所として合格!でしょ
  • このボタンまで読まれた割合
    ボタンの位置まで読まれているのにクリック無しってことは…
  • 表示回数に対するクリック率
    クリック率がゼロ続きなら他に移動かしらね

クリック率も大事だけれど、「このボタンまで読まれた割合」と「表示回数に対するクリック率」は記事の見直しのよりどころですね。

計測設定は簡単。ONにするだけです。

あら、(上の参考画像)全然クリックされていないわ、とわかるんです。改善、改善!

ボタンの作り方

ボタンの作り方 2つの方法

ブロックメニュー → SWELLブロック → SWELLボタン
※ボタンを読み出すショートカット/button(単語登録すると便利)

下記のどちらかで目的のボタンを作りましょう。

アフィリエイトのボタン

「広告タグを直接入力」欄に直接アフィリエイト(テキスト)のコードをコピペ。広告タグ内のテキスト部分が自動的にボタンの文言になります。

アフィリエイトのボタン

普通のリンク先

ボタンにカーソルを置きボタンテキストをタイプ、下段のhref欄にURLを入力します。

ボタンの計測

ちょっと残念!矢印がない

SWELLボタンにはアイコンが選べるようになっています。現在25個。

チェックマークやハート、カート、SWELLアイコン…など。

でも肝心の矢印アイコンがない

この記事を読んでいる人には関係ない話ですが、ボタンを見ても「クリックしよう」と思わない人がいます。

リンクが貼られているという発想が無い人。ボタンを可愛い装飾と思っているだけの人。

本当にいるんですよ(おばあさん仲間にギョウサン)。

なので、私は(忘れない限り)矢印アイコンを置くことにしています。SWELLへはSWELLアイコン…SWELLに興味がある人はどんなリンク設定でも見分けるに決まってる

アイコンのクラスに「fas fa-chevron-circle-right」と入れれば、ボタンテキストの左側に矢印が入ります。

 こんな矢印!

SWELLボタンまとめ

思わずクリックしたくなるボタン。そしてその裏でしっかりユーザーの動きをチェックしてくれているSWELLボタン。

この機能だけでも、SWELLテーマを使う意味があるような…!?

「クリック率を計測する」をONにするだけで、自分が忘れていてもSWELLボタンが記録し続けてくれてます。

SWELLボタン【SWELL公式】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容(もくじ)
閉じる